警備員の仕事内容|ベトナムでタクシーのお仕事をしてみよう【海外就職まで様々な疑問を解決】

警備員の仕事内容

警備員

身辺警備

警備の種類には主に4つあり、そのうちの1つがこの身辺警備です。ボディガードというと、多くの方が想像するものがこの身辺警備です。依頼者に襲いかかる危険を防ぐために身の回りを警備します。格闘スキルや大柄な体格が必要な場合があります。

設備警備

多くの人が想像する警備員とはこの設備警備を行っている方がほとんどです。この設備警備とは、駐車場や会社、遊園地などで不審な出来事や不審者がいないか警備する仕事です。バイトではこの設備警備の募集が多い傾向にあります。

誘導警備

何か大きなイベントや、道路の大掛かりな工事が原因で渋滞が起こる際は、この誘導警備が必要になります。車や歩行者を誘導して、事故が起こらないようにすることが仕事です。

輸送警備

この輸送警備の仕事はいくつかある仕事内容の中でも特殊です。大量の現金や、危険物など、襲われたり事故が起きた場合に多大な被害が出るトラック、輸送車の警備をします。責任重大な仕事といえます。

警備員は重要な仕事

「警備員って街中で見かけるけど具体的に何をやっているか分からない」という方は多いですが、このように、警備員の仕事はどれも責任があり重要な仕事です。その分、やりがいもある立派な職業といえます。バイトや派遣でもよく応募されている職業の1つです。

広告募集中